SPECIAL

Hanes Tシャツ談義

Hanes Tシャツ談義ファッションディレクター干場義雅が聞く!「気になるあの人のJapan Fitの着こなし」

「この人って、スタイルがあってカッコイイ!」と言われるファッショニスタをゲストに迎え、Tシャツの着こなしを通し、HanesやHanes T-SHIRTS Japan Fitの魅力を伝えていく対談番組。毎回、ざっくばらんなTシャツ談義を繰り広げます。第5回目のゲストは、テレビでも大人気のお笑いコンビ、しずるの池田一真さんと村上純さん。干場さんと、テレビ番組で共演したことがきっかけで実現した今回の対談では、面白おかしいエピソードを織り交ぜながら、ユニークなTシャツ談義を繰り広げてくれました。

干場義雅

『LEON』『OCEANS』の編集者を経て、ファッションディレクターに。変身企画やファッションチェックなどTV番組でもおなじみ。FM TOKYO『SEIKO ASTRON presents World Cruise』のパーソナリティとしての顔も。2013年秋より、『Sette Mari(セッテ・マーリ)』編集長も務める。その活動はメディアの枠を超えて多岐に及ぶ。

池田一真(左)
1984年1月17日生まれ
村上純(右)
1981年1月14日生まれ

2003年10月結成、NSC東京校9期生
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
キングオブコント2009年2010年2012年で決勝進出。
劇場やネタ番組では主にコントを行い、シュールなコントが持ち味。

干場義雅

ヘインズ・ジャパンフィットのクルーネックTシャツに合わせたのは、コットン素材のネイビーのテーラードジャケットに白のショートパンツ、足元にはブラウンスウェードの靴。ネイビーと白の夏らしいコーディネイトも、インナーの白いTシャツだけでなく、ジャケットの白蝶貝のボタンやラバーソールの白、白い麻のチーフなど、細部でも白を繋げてコーディネイトに統一感を。シンプル&ベーシック&ヘルシー&ラグジュアリーが、干場スタイルの真骨頂!

しずるの二人がヘインズ・ジャパンフィットのクルーネックのTシャツに合わせたのは、各々のキャラクターに合わせたボトムス。池田さん(写真左)は、細みのブルーデニムにスニーカーで、自身が言う「格好つけてない、男ならではの無骨感」を演出。村上さん(写真右)はクラシカルな柄の8分丈パンツに、サンダル、ハットで「決めすぎない、クラシカルなヌケ感」を演出。どちらの着こなしにも、イマドキのさり気ない空気感が漂っている。村上さんコーディネートで羽織を着るならコレ!

Hanes Tシャツ談義バックナンバー