SPECIAL

月刊ヘインズ

ヘインズ

松川さんはサーマルTシャツが好きで、普段から愛用されいてるそうですね。それは昔からでしょうか?

松川さん:

松川さん昔からですね。古着に目覚めた頃から好きなんです。そしてやっぱりブランドはHanesなんですよね。タグで年代の変遷を追ったりもしましたし。

ヘインズ

ありがとうございます! 数あるサーマルの中でもHanesを好きだと言って頂ける理由はどこにあるか教えて頂けますか?

松川さん:

松川さん元々アメリカのブランドが好きだというのが、まずありますね。アメリカのブランドならではのアジというか表情、ニュアンスが好きなんです。Hanesにももちろんそれがあるのと、アンダーウェアを長く作り続けているブランドだからこその絶妙なシルエットや肌触りの良さが魅力だと思います。老舗ブランドならではの安心感とも言えるかもしれません。色々なサーマルTシャツをバッと並べてみても、一見どれがどれだか分からないと思うんです。ですが、着てみると全然違うんですよね。首回りの開き具合、アームホールの大きさ、肌触り、袖の長さとか。Hanesのサーマルはとてもしっくりくるんですよ! 特に素材感、肌触りの部分は、柔らかくてしっとりしている感じもあって凄く好きですね。

ヘインズ

一見同じように見えるカットソーでも、細かい部分の積み重ねで、全然違うものになるということですね。

松川さん:

松川さんオーセンティックと言われるブランドやモノって、変らないなかでもちょっとずつ進化をしていますよね。HanesのTシャツだって、シルエットや素材感が改良され続けて今のかたちになっていると思うんです。真似しようと思ってもなかなかできないのではないかと。そんな本物感のあるものに出会うと、そればっかり着てしまうんですよ(笑) 去年の夏は、Beamsパック別注のHanes T-SHIRTS Japan Fitを10パックほど買って、そればっかり着てましたし(笑)

サーマルTシャツは重ね着がしやすい

ヘインズ

サーマルTシャツ自体の魅力ってどんなところだと思われますか?

松川さん:

松川さんレイヤードしやすいところと、保温力が高いところですね。冬であれば、スウェットやニットのインナーを普通のTシャツからサーマルTシャツに代えるだけでだいぶ暖かくなると思います。

ヘインズ

サーマルTシャツはレイヤードしやすいんですね! 実は着こなし方が分からないという意見もあって……。松川さんのオススメのコーディネート方法を教えて下さい!

松川さん:

松川さん今日の僕のコーディネートは、ちょっと大きめのサーマルを選んでタートルネックの上から着ています。外側に出して着るのであれば、ワンサイズ大きめを選ぶと今っぽい雰囲気になるのではないかと思います。春夏であればサーマルの上にTシャツを重ねるだけでもオシャレに見えるかと。サーマル+Tシャツはシンプルだし、チャレンジしやすいのではないでしょうか。

ヘインズ

インナーで着るならジャストサイズ、外に着るなら大きめのサイズということですね。サーマル+Tシャツのコーディネートでの注意点というかポイントはありますか?

松川さん:

松川さんネックのデザインと色の合わせ方ですかね。VネックのTシャツを上に着るなら下のサーマルもVネックに、上にクルーネックをもってくるなら下もクルーネックにして、襟元のデザインを合わせると上手くいくと思います。色に関してはトーンを合わせたほうが、難易度が高くないですし大人っぽく見えるはずです。白のサーマルなら、白やグレーのTシャツ、黒のサーマルなら黒、ネイビー、グレーなどと合わせるのがオススメですね。

ヘインズ

その時、ボトムや靴はどうしたら良いですか?

松川さん:

ボトムも靴もかたちはそれほどこだわらなくて良いと思います。春夏ならショーツでもバッチリですし、普通にデニムやチノでも問題ありません。足元もスニーカーでもブーツでも、サンダルでもOKです。かたちよりは色ですね。色数は増やさないほうが無難だと思います。モノトーン+1色をベースにして、あとはシューズやアクセサリーで1色足すかどうかぐらいでコーディネートしてもらえればきれいにまとまると思います。

ヘインズ

色に気をつけるのがポイントなのですね! ほかにはどんなコーディネートができそうでしょうか?

松川さん:

松川さん少し暖かくなってきたらサーマルTシャツにダウンベストをレイヤードするのもオススメですね。サーマル特有の素材感が活きると思います。サーマルだからって難しく考えなくて良いと思いますよ! ジップアップのパーカーやスタジャンとも相性が良いですし。今までサーマルTシャツを着たことがない方もぜひ着てみてほしいですね。一回着るとクセになると思います。

ヘインズ

ダウンベストやパーカーは気軽にチャレンジできそうですね! 本日はありがとうございました。

Hanes 月刊ヘインズ