SPECIAL

月刊ヘインズ

この夏も白Tシャツが、メンズの流行アイテムの1つになりそうな気配です。デザインは至ってシンプルなので、もちろんデニムやチノなどのベーシックなボトムとの相性は良いですし、ボードショーツなどの夏らしいアイテムとも合わせやすいはず。とは言うものの、シンプルだからこそ難しい面があるのも確か。さっぱりし過ぎたコーディネートは少し不安にもなるし、一歩間違えると部屋着のように見えてしまう可能性もあります。

せっかくのトレンドアイテムがオシャレに見えるように、雑誌やアーティストのスタイリングなどで活躍されているスタイリストの安達敦至さんに、今年らしい白Tシャツの着こなし方を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみて下さい。今回使用したのは、「Hanes T-SHIRTS Japan Fit」。現代の日本人の体型に合わせて着丈や身幅、アームホールが調整されているからこそ、着こなしが旬な雰囲気に仕上がります。

coodinate1 ボトムは少し太めが合わせやすい

coodinate1 ボトムは少し太めが合わせやすい

「トップスを白Tシャツのみにする場合、ボトムは少し太めのものにするとバランスがとれます。メガネやサングラス、キャップなど首より上にアクセントになる小物があると、さっぱりし過ぎた印象にはならないと思います」(安達さん)
キャップやサングラスは日差しを防ぐごともできるので、一石二鳥ですね。また、長いレングスのボトムを穿くときは、あまりコントラストを強くしないほうが今年っぽい雰囲気に仕上がるとのこと。
「今日はグレー系のボトムを合わせたのですが、ベージュのチノパンだったり、薄いブルーのデニムもいいと思います。Tシャツの袖を少しまくってアクセントにするのもおすすめです。『Hanes T-SHIRTS Japan Fit』は丈が長過ぎず、短過ぎずとてもいいバランスだと思います」(安達さん)

coodinate2 丈の長いアウターを羽織れば上品になる

coodinate2 丈の長いアウターを羽織れば上品になる

白Tシャツを着たいけれど、少しカジュアル過ぎるのが気になるという人には、丈の長いアウターと合わせたコーディネートがおすすめ。一枚上に羽織るだけで白Tを使った着こなしがだいぶ上品な印象になります。足元はベーシックなデザインのスニーカーを合わせれば問題なし!
「白いTシャツに薄めの色のボトムを合わせたら、アウターの色はちょっとコントラストをつけて濃いめの色にするとバランスがとれると思います。それから、キャップは明るめの色をチョイスしておくと重たい感じになりませんし、ホワイトやグレーのものを選ぶと子供っぽくなるのを避けられます。『Hanes T-SHIRTS Japan Fit』は生地の厚さがほどよく、一枚でも着られるし、レイヤードもしやすいと思います」(安達さん) 

coodinate3 ショーツの時はシャツをアクセントに

coodinate3 ショーツの時はシャツをアクセントに

夏はやっぱりショーツが穿きたくなるもの。今年は去年に引き続いてちょっと短めの丈のものがトレンドのよう。特に単色のものが安達さんのおすすめ。
「白いTシャツに単色のショーツだけだと、物足りない感じになってしまうかもしれないので、チェックのシャツを肩に乗せたり、巻いたりすると程よいアクセントになってくれると思います。あとは鞄を持つだけでもだいぶ印象が変わりますよ。『Hanes T-SHIRTS Japan Fit』はシルエットがきれいなので、誰が着てもサマになるはずです」(安達さん)
コーディネートにアクセントに使えるシャツを持ち歩けば、建物の中がエアコンで寒かった時などにも便利。これはぜひマネしたいスタイルです。

安達さんおすすめのコーディネートを参考に、「Hanes T-SHIRTS Japan Fit」を活用した夏の白Tシャツスタイルを楽しんで頂ければと思います。

Hanes 月刊ヘインズ