SPECIAL

月刊ヘインズ

ヘインズ

本日はよろしくお願い致します。まずは山内さんとHanesの出会いから教えて下さい。

山内さん:

山内さん初めて着たのは中学生の頃だと思うんですけど、Hanesっていうブランドをしっかりと認識して着たのは高校生になってからですかね。’90年代の前半ぐらいで、当時は渋カジって言われていたものがブームでしたね。Gジャンとボタンダウンシャツをレイヤードしてチノパンを合わせるような。で、僕がそのときインナーに着ていたのがHanesのパックTシャツでした。一方で、ブルーのジーンズに白いTシャツを合わせるだけのスタイルもトレンドになっていて、そっち側の人たちが着ていたTシャツもHanesだったと思います。

ヘインズ

その頃も白TシャツといえばHanesという状況だったんでしょうか?

山内さん:

そうですね。オシャレな人たちは「アメカジをやるんだったらTシャツもHanesでしょ!」っていう感じでチョイスしてたと思うんですけど、単純に手に入りやすかったから、みんなが着ているからっていう理由で選んでいた人も多かったと思います。パックTはコンビニでも売っていましたからね。その後、’90年代の中頃から後半にかけては、ヴィンテージブームがあって。今思えばとんでもない値段のデニムに白Tシャツを合わせる人もいましたし、スウェットならChampion、プリントTならHanesみたいに古着をボディのブランドで選ぶっていうことありました。

ヘインズ

‘90年代の白Tブームの時は、基本的にクルーネックでしたよね。

山内さん:

山内さんそうですね、クルーネックでした。ネックのデザインも流行に変遷がありますよね。2000年代の前半~中頃までは、VネックやUネックが流行りましたから。Vネック、Uネックの白Tにジャケットを羽織るようなコーディネートですね。男臭くて、ちょっと色気がある感じのスタイルでした。

ヘインズ

そしてまた最近はクルーネックが主流になっていますよね。

山内さん:

流行は繰り返しますよね。最近は’90年代っていうのが1つのキーワードになっていたりもするので、それでHanes、白Tシャツが注目を浴びていて、クルーネックのものが選ばれている部分もあると思います。

ヘインズ

確かに‘90年代っていうワードは雑誌などでもよく見ますね。

山内さん:

山内さんそれに加えて、世の中自体がナチュラル志向になっているし、オーセンティックなものが見直されていたりもするので、歴史があって、コットンベースで肌触りや着心地にもこだわっているHanesのTシャツは多くの人にとって魅力的なものだと思います。

ヘインズ

やはりコットンにこだわっているという点は強みでしょうか?

山内さん:

間違いなく強みですよ。機能を持たせた化繊のアンダーウェアってかなり増えたと思うんですけど、その中にあってコットンにこだわり続けているっていうのは、姿勢としてカッコいいですし、安心感もありますよね。単純に着ていて気持ちがいいっていうのもありますが。

ヘインズ

最近、山内さんはどんな風に白Tを着られていますか?

山内さん:

山内さん適当です(笑)。いや、それが白Tの魅力だと思うんですよね。何にでも合わせられるじゃないですか。アメカジっぽく着たいなあと思えば、デニムやチノと合わせればいいし、モードっぽくしたいと思ったら例えば黒のレアーパンツなんかとコーディネートしてもいいでしょうし。自分のファッションスタイル、ライフスタイルに合わせて如何様にもできますから。

ヘインズ

誰もが自分なりの着こなしを楽しめるということですね!

山内さん:

あんまり難しく考えなくていい気がします。こだわり派の人はとことんこだわって着ればいいでしょうし。多くの人にとっての定番アイテムであって、着ていると感度よく見えるというか。Apple製品みたいなイメージですね。コラボとか別注も上手いですよね。もちろん相手あってのことですけど。Supremeとやったり、FiLMelangeとやったり。セレクトショップもBEAMS、SHIPS、URBAN RESEARCH DOORSとかとやっていましたよね。僕もFiLMelangeのやつはついつい買っちゃいました(笑)。

ヘインズ

これからのHanesに期待したいことはありますか?

山内さん:

山内さんコットンにこだわるとか、パックTとか、基本の部分は変わらないでいてほしいですね。そのうえで、「Hanes T-SHIRTS Japan Fit」のような時代にあった商品を定期的に出していってもらえたらと思います。

ヘインズ

本日はありがとうございました!

「月刊ヘインズ」は、今回の2015年11月号をもちまして最終回となります。2010年5月号のスタートから5年半。長きに渡りお付き合い頂いた読者の方々、取材にご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました! そして、引き続きHanesをよろしくお願い致します。

Hanes 月刊ヘインズ